<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

デマ

くだらない事を結構覚えてんのよ。でも、くだらない事だから、いい加減な記憶もしばしば。
嫁に語った後で、それが間違いだったってのが分かると、「また、デマかよ~」ってツッコマれる。オレも慣れたもんで、あやふやな場合「この話は、他人に言っちゃダメだぞ」と、釘を刺しておく。

これは、嫁に「デマなんじゃないの~」って言われた話。
【新大宮BP奈良町交差点そばにあった(現在は松屋)ミスタードーナッツは、日本1号店】
信じるか信じないかは・・・・

この話は、かつて青年の友だった深夜番組『トゥナイト』で、やってた気がするんだよねぇ。
ま、火木以外(分かる人は60年代生まれ)は、テキトーに見てたから全く自信無いケド。


大宮ブログ界では『必勝ダービー、ぽぢてぶキャンペーン』中みたいだけど、こんなくだらない事書いてんの、オレだけだろうな。ふんっ!
[PR]

by nardy0486 | 2007-08-31 13:11  

大宮があれば

サポやってると楽しい。老若男女、色んな仲間が出来る。学校や仕事じゃ絶対ムリだ。

仲間の一人に、ムチャクチャ若いヤツがいる。いや、若いとゆうより・・・・中学二年生。
もう、小学生の時から知ってる。最近、タメ口になってきたのがウレシイ♪ 自分の子でもおかしくないような歳のヤツと友達になれるなんて、そーナイからさ。
しかも彼は、フットサルチーム『大栄橋』のエース! 対戦した事がある方なら知ってるでしょうが、お世辞や手加減して言ってんじゃありません。マジでエースです。

そんな彼から、名古屋の帰り道「やっと、ケータイ買ってもらいました!」ってメールがあった。いや、オレにじゃなくて、嫁んトコになんですけどね(なんでやねん)。
で、嫁が「よかったネ。―中略― 今、車で帰ってるトコなの。」って返したら、「安全運転で気を付けて帰って来て下さい」と返事が来た。
彼、もうすぐ14才。
彼の眼に、オレら大人は、どんな風に映っているんだろう。

予想外の帰路東名大渋滞。彼のメールで、楽しい時間が過ごせた。ホント、サポやってると楽しい。
大宮があれば、年の差なんて!!!
[PR]

by nardy0486 | 2007-08-30 13:57  

瑞穂陸

初めて行ったのに、初めてな気がしない。
夏休みの絵日記に描いてみたくても、山形や平塚と区別できない。

足元が、スゲェ跳ね辛かった。
広そうに見えんだけど、ベンチの出っ張りで、実は狭い。
ベンチに足掛けて跳ねようにも、ビミョーに高くて出来ない。
みんな、ヘーキだったんだろうか?
オレ、おかげで足の変なスジが痛くなり、今週は仕事不可(精神的にも不可)。筋肉痛じゃないんで、まだ治りそーにない。
今日、跳ねてなくても、決して『応援拒否』なんかじゃありませぬよ。


大宮ブログ界で『ねがちぶキャンペーン』を催してるらしいので、当ブログもあやかってみましたが、もう飽きてきた。そろそろ、ヤメようかと。
でも、ブログってネガティブな事書いてる方が楽なんだよねぇ・・・・
[PR]

by nardy0486 | 2007-08-29 11:38  

22節 名古屋戦

04年夏、西京極。
終戦を感じた試合後、京都まで行ったにもかかわらず、美味くもねぇ定食屋で夕飯。二人で千円も使わなかった。「こんな街には、1円でも多くの金は落としたくない!」なんて言いながら。

07年夏、瑞穂。
考えれば、あの時の京都戦よりも重い敗戦。にもかかわらず、試合後手羽先屋へ。しかも、ホテルへ帰ったのは、3:00am。
別に、ネガティブな酒を飲んでたわけじゃない。終始、笑いが絶えなかった。もちろん、自暴自棄になっている訳でもなく。

悪く言えば、サポでいる事に慣れてしまったのかもしんない。でも、オレは、そうは思っていない。
なにがあっても応援する。サポが下を向くわけにはいかない。
一緒につき合ってくれた仲間にも、名古屋まで来た事を後悔して欲しくなかった。

サポでいる事に慣れたわけじゃない。
強くなったんだと思っている。
自分がそう思ってんだから、何の問題もない。
[PR]

by nardy0486 | 2007-08-28 21:31  

歴史

性格から言えば、オレは歴史が嫌いなタイプの人間じゃないハズ。
古いものには、とても興味がある。遺跡や歴史的建築物なんかを見るのは好きだ。
「争い事は苦手で・・・」なんて言ったら、周囲からどれだけの全否定をくらうか。

しかし、学業としての歴史は全くダメだった。
何より、年号や名称等の記憶もんが嫌い。
そんなつまんない授業をやった、学校教育や先生が悪いんだ!・・・・と、他人のせいにしてみたりする。

だから、お城見学は、それ程積極的じゃなかった。城主の名前聞いたって、その人の歴史的背景を全然知らないんだから、興味が湧くわきゃない。ましてや、殆どが再建だから趣きナシだぜ(特に大阪城)。
地方都市にはたいてい城があるから、他に行く所ないと、とりあえず行ってみる。でも、ウチ的には展望台感覚なの。

大宮サポ仲間に、城好きと城フェチがいる。今回、彼らの薦めで犬山城へ行ってみた。
ヨカッタ !!!
さすが、餅は餅屋!
織田っつったって、飲酒運転でパクられたスケートの兄ちゃんしか・・・・。犬山っつったって、犬子しか思い浮かばない・・・・。とにかく、歴史の事なんか全く知らないオレでも、ホント楽しめたよ。
彼らが更に推薦していた、彦根城にも行ってみたくなった。来年大阪へ行く時、計画しよっと♪


2004年と05年は、大宮の歴史にとって大切な年だったと思う。その歴史の中にいられた事が嬉しい。そして、誇りだ。

今年07年。大宮にとって特別な年になってしまうのかもしれない。

とにかく、先日の名古屋戦は、この先『大宮歴史テスト』なるものが行われた時、必ず出題されます。
サポには、劇的勝利と同じ位(それ以上かも)大虐殺は心に残るもん。
そんな試合にいられた事は、幸せだよ。オレは全てを見届けるつもりで、応援し続けた。これも大宮の歴史だから。

オレはこれからも、出来る事なら永遠に、大宮の歴史の中にいたい。
なにがあろうと。

ムカつくクラブも、ムカつく選手も、ムカつくサポも、全てが大宮の歴史だから受け入る。受け入れた上で、オレに出来る事は全てやる。絶対やる。
応援放棄した仲間のケツ叩いて奮起させたのも(予想以上に頑張っちゃってて、驚いてますが)、フットサルチーム作ってサポの輪を広げようと思ったのも、全ては大宮の為。
脱線してキレる時があるのは仕様。
オレは、未来は変えられないけど、歴史は変えられると思ってる。何より、今が楽しいから。


とはいえ、やっぱ相当ショックだったらしい。柄にもなく長文になってしまったもの(没)。
[PR]

by nardy0486 | 2007-08-27 11:51  

手羽先

悩んでる。

試合後に手羽先で飲みに行こうと思ってんだが、某二大チェーン店のどっちにするか決められない。

前に、両方知ってるヤツ(大宮サポ)と話したんだが、彼はF店の方がイイとゆう。なぜなら、Y店は東京にもいっぱい支店があるから。
オレも同じように考えてた。確かに池袋で食えんなら、名古屋に行ってまではねぇ。
ところが・・・・F店が大宮にもあるのを見つけちまった。しかも東口の近く。Y店も、さすがに大宮はナイ。
これじゃ、一緒だ。

んで、嫁に聞いてみると、彼女はY店の方が好きだとゆう。F店のは甘いんで、飲むにはY店の辛いヤツが良いと。
至極、当然な御意見。
ちなみに、前記の彼は、酒を飲まずに手羽先を食べるそーだ!?

今回、手羽先初めてって二人と一緒に行く予定なので、どっちにしようか悩んでる。ナイターじゃなきゃ、ハシゴ出来んだけどなぁ。


もっと考えなきゃなんない大切な事がある気がすんだけど、オレが悩んだって仕方ないしさ。
[PR]

by nardy0486 | 2007-08-24 12:54  

ひつまぶし

嫁が10年くらい鰻屋で働いてたんで、ウチの食卓に鰻が上がる事はなかった。毎日見てるもん、家帰ってまで食べたかないだろうと思ってさ。オレが食べたいって言わなかったの。
もう辞めてから数年たつが、この前、自分から食べたいと言って買って来た。初めてかもしれない。
って事で、我が家の鰻は解禁です。とはいえ、しょっちゅう食べるなんてのは、家計が許してくれない(没)。

名古屋へ泊まりで行くのは、今回で4回目。毎度々々、色んな名古屋飯を堪能しております。
でも、『ひつまぶし』だけは食べた事無かったってわけ。

・・・・気合い入っちゃってます。
名物食べる時は、『老舗』とか『最初に始めた』とかに釣られてしまう。
ひつまぶしの店も、シッカリ調べ済み。

もう、こんな事しか楽しみねぇもんな。
[PR]

by nardy0486 | 2007-08-23 18:36  

熊谷で

大宮のエンブレムが思い出せないヤツもいれば、レアンドロの事を平気で間違ってダニエルと言うヤツもいる。
大宮のG裏なんて、そんなもんさ。ちなみに、後者がオレですが、なにか?

エンブレムの様なデザインや色等に関しては、オレうるさいです。絵心クイズやられても、殆どのクラブ書けると思う。

反して、大宮の選手の事はダメだねぇ。ハナっから興味ないもの。
仲間からの
「札幌の18番、誰?」
って問いには即答出来たのに、
「んじゃ、大宮の18番は?」
と続いた悪質な問いには、あえなく撃沈。
「大樹・・・・じゃないよね」
って言うのが精一杯。

04年の選手だけは、結構覚えているんです。
今も、昔も、選手には興味無かったオレ。でも、気付くと嫁の方が覚えてんのよ。ショックだったのが、何回か連れてってやった赤好きの友達が、オレより覚えてやがった時。
そっから一念発起して、頑張ってみたわけ。嫁に出題とかしてもらってさ。
結局、スグ飽きちゃったんだけど、そん時覚えた選手は、あんま忘れてないんだよね。
それが、04年。

嫁は、スグ覚えるけどスグ忘れる。
逆にオレは、なかなか覚えないけど、覚えた事は忘れない。
こればっかりは、いくら脳トレやっても、変わりそうもない。
[PR]

by nardy0486 | 2007-08-22 18:43  

担架

むしかえすようで申し訳ないんだが、なにぶんネタが無いんで勘弁。


子供の頃って、怪我に憧れたりするよね。正確に言うと、治療痕。怪我をする事を望んでるわけじゃない。

かわいいトコでは、こめかみのバンソコウ。イメージ的には、本宮ひろ志の世界。でも現実には、喧嘩したって転んだって、なかなかあんな所怪我しないよ。
フェチの世界に入ってしまいそうなのが、松葉杖や、三角巾で吊られた腕。「へ?」って人も多いだろうけど、カッコイイって思っちゃうヤツもいるんよ(オレだけか?)。
極めつけは担架。これはどっちかってゆうと、楽しそう♪って感じ。胴上げに通ずるもんがある。サッカー選手はよく乗るんだろうけど、一般人の場合、結構ヤバくないと乗れない。

どれも子供の頃、いつかは経験してみたかった。テレビや漫画の影響なんだろうけどさ。
残念ながら、叶ったものは一つも無い。でも、この歳になると、出来る事なら未経験のままでいたい。先週、担架で運ばれる人を見ながら、そんな事を考えていた。
[PR]

by nardy0486 | 2007-08-21 18:02  

あした天気になれ

先週の話題になるけど、人間は突然の事故だと、あまり痛みを感じないそうだね。
確かに、包丁で手を切っても、痛みは後からくるもんな。これがもし「今から指切りますネ♪」って言われてから切られたら、ムチャクチャ痛いゾ。
自衛本能なんだろうけど、足切断したのに気付かないって、どんだけ自衛すりゃ気が済むんだ。
水戸だってそんなに守んねぇよ。


これが、事サッカー(大宮?)の話だと、逆になるかな。

昨日の試合。オレはサポとして最低な部類に属していた。
先制した時。
 ―どうせ、追い付かれるんだろうと思っていた。
鹿島に退場者が出た時。
 ―どうせ、数的有利を感じるような試合にゃあ、ならんだろうと思っていた。
ロスタイム。
 ―勝ち点3を全然諦めていない鹿島の姿に、いつやられてもおかしくないと思っていた。

大宮の勝利を信じていなかったなんて事は、微塵もない。
だけど弱いオレは、こーでも考えてなきゃ、痛みには耐えられないんよ。

絶望的観測

そんな歌詞が頭に浮かんだ。
世代的にも、曲としても、知ってる人は殆どいないと思われる、中島みゆき『明日天気になれ』から。
[PR]

by nardy0486 | 2007-08-20 11:45